鼻中隔延長術|鼻を小さくする鼻修正や小鼻整形は大阪の心斎橋コムロ美容外科クリニック

心斎橋コムロ美容外科クリニック 鼻修正専門外来

WEB予約・お問い合わせ

鼻中隔延長術

こんな方におススメです。

  • ブタ鼻を治したい
  • 正面から見て、鼻の穴が目立つ
  • 長い鼻にしたい
  • 大きな鼻の穴で悩んでいる

特徴・施術方法

鼻が短い方は鼻中隔の軟骨が小さいため、正面から見て鼻の穴が見えやすい(ぶた鼻)になります。これを解決するのが『鼻中隔延長』ですが、ご自身の軟骨を継ぎ足し下方に延長する手術で、半永久的にすっきりとした鼻が手に入ります。
ご自身の軟骨を注ぎ足すことで、鼻先が下を向き、正面から鼻の穴が見えないようにする鼻中隔延長術は、メイクでカバーすることができなかった「ぶた鼻」の悩みを解消し、シャープになった鼻が顔全体に好印象を与えます。

手術方法について

【鼻背が短く、鼻翼よりも鼻尖が頭側にある短鼻の方が対象となる手術法】

自分の軟骨を使って、上向きの鼻を鼻柱(左右の鼻の穴の間の皮膚)から延長させて、尾側方向へ伸ばします。 この場合、シリコンプロテーゼでむりやり鼻を伸ばそうとすると、皮膚が薄くなったり、鼻先が赤くなるなどのトラブルが起こりやすくなります。通常の耳介軟骨移植では十分な効果が出せない人におすすめです。

鼻中隔延長イメージ

手術の手順

(1)耳介軟骨又は助軟骨を採取
両耳から軟骨を摂取、2枚の軟骨を縫合
[耳介軟骨採取の場合] 耳甲全体の軟骨を20mm×30mm採取します。これを2分割して凸面同士を合わせて縫合し、できるだけまっすぐな軟骨を作成しておきます。
[助肋骨採取の場合] 第7助軟骨もしくは第6助肋骨を30mm×15mm採取します。これを2分割し厚さ1mmに加工しておきます。
(2)皮下剥離
メスで鼻骨下端まで剥離し、続いて鼻翼軟骨間を剥離し、鼻中隔軟骨の両側を粘膜下に剥離します。
(3)耳介軟骨又は助肋骨を固定
[耳介軟骨採取の場合]
2枚合わせた耳介軟骨で鼻中隔軟骨の前縁を挟み、3~5mmほどオーバーラップさせて縫合固定します。
[助肋骨採取の場合]
薄くした助肋骨2枚を、鼻中隔軟骨を挟むように両側の粘膜ポケットの下に挿入し、15mmほどオーバーラップさせて鼻中隔軟骨の下に縫合固定します。
(4)鼻翼軟骨を縫合
鼻翼軟骨の内側脚を耳介軟骨又は助肋骨に縫合固定します。
(5)テーピング・スプリント
創を閉じたのち、形態を整えるように丁寧にテーピングします。さらにサーモスプリントをあて、丁寧に形成します。 テーピング・スプリント

施術後の注意点

  • ご手術が終わりましたら、担当の看護師がお薬やご手術後のご説明を行います。
  • ご手術の内容によっては、別室にてお休み頂く必要がある場合もございます。
  • 抜糸など次回検診が必要な場合は受付にてご予約をお取り頂き、ご帰宅となります。
  • 術後の検診は無料となります。
  • 通院が必要ではない場合でも、不安な事がございましたらお電話・メールにてご相談下さい。
  • スタッフ一丸となりしっかりと責任をもってフォロー致しますのでご安心下さい。

※検診後、何らかの処置やお薬などが必要となった際、場合によっては別途費用が発生する場合がございます。

症例写真

ページトップ