小鼻縮小(鼻翼縮小術)|鼻を小さくする鼻修正や小鼻整形は大阪の心斎橋コムロ美容外科クリニック

心斎橋コムロ美容外科クリニック 鼻修正専門外来

WEB予約・お問い合わせ

鼻修正とは

こんな方におススメです。

  • 鼻を小さく見せたい
  • 鼻の穴が大きく見えるのが気になる
  • 横に広がった鼻をすっきりと見せたい

【内側切除】【外側切除】

特徴・施術方法

小鼻が上や横に大きく広がり、鼻の穴が目立ち、鼻全体が大きく見えてしまう悩みには、小鼻を小さくする『小鼻縮小(鼻翼縮小術)』法がおすすめです。 顔全体のバランスを考慮し、小鼻(鼻翼)を切り取って小さくする(形を整える)手術法です。 小鼻を切り取るといっても、鼻の内側や外側でも鼻翼(小鼻)と頬の境目となる溝に沿ってできるため、傷痕はほとんど目立ちません。

患者様の希望に合わせた2つの手術方法

鼻翼の張り出している形や大きさによって、外側を切除するか内側を切除するのかが変わるため、小鼻や鼻の穴が術後に不自然な形にならないように切除の方法を決定します。

【手術方法1】 「内側切除」正面から見たときの尾翼間距離を狭くする

極端に大きな変化を望まない場合には内側から手術を行ないます。 手術痕はほとんどわかりません。

【鼻翼が張り出したタイプの場合】

鼻翼の張り出しがまっすぐになる程度の高さをとるような切除をデザインします。

鼻翼が張り出したタイプの場合

【鼻翼基部が広いタイプの場合】

鼻腔底にデザインを置きます。切除幅が2mm程度であれば内側を切開、切除幅が3mm以上の場合は鼻翼溝に回り込むデザインをします。

鼻翼基部が広いタイプの場合

【手術方法2】 「外側切除」鼻翼の丸みを減らし、鼻孔の形を縦長にする

大きな変化を求める場合には外側から手術を行ないます。
手術痕がしばらくの間目立つ場合もあります。

【鼻翼が張り出したタイプの場合】

鼻翼基部にデザインを置き、全層で切開します。

鼻翼が張り出したタイプの場合

【鼻翼基部が広いタイプの場合】

内側の切除をデザインします。

施術後の注意点

  • ご手術が終わりましたら、担当の看護師がお薬やご手術後のご説明を行います。
  • ご手術の内容によっては、別室にてお休み頂く必要がある場合もございます。
  • 抜糸など次回検診が必要な場合は受付にてご予約をお取り頂き、ご帰宅となります。
  • 術後の検診は無料となります。
  • 通院が必要ではない場合でも、不安な事がございましたらお電話・メールにてご相談下さい。
  • スタッフ一丸となりしっかりと責任をもってフォロー致しますのでご安心下さい。

※検診後、何らかの処置やお薬などが必要となった際、場合によっては別途費用が発生する場合がございます。

症例写真

小鼻縮小術(内側法)による症例写真

before after

before after

before after

小鼻縮小術(外側法)による症例写真

before after

before after

before after

before after

ページトップ